白菜の栄養の効果や効能はすごい?キャベツと比較すると?

Sponsored Link


今日は、白菜の栄養の効果や効能をテーマにしていきたいと思います^^

 

白菜ってキャベツと比較されることが多いですが、栄養価はどうなんでしょうか。
95%が水分といわれる白菜の栄養にはどのような効果や効能があるのでしょう…

 

そんな冬の鍋にはかかせない白菜の栄養についてまとめていきたいと思います。

hakusai

 

白菜の栄養成分は?キャベツと比較するとどうなる?

白菜というとどういうイメージがあるでしょうか。

 

様々な料理がありますが、やはり鍋が鉄板ではないのかなー
と思います^^

 

そんな鍋にはかかせない白菜ですが、
どのような栄養成分を含んでいるのでしょうか。

kyabetu01_d_01

 

キャベツと主なビタミン・ミネラル含量を
比較してみました!
白菜 キャベツ
エネルギー 14kcal 23kcal
水分 95.2g 92.7g
タンパク質 0.8g 1.3g
脂質 0.1g 0.2g
炭水化物 3.2g 5.2g
食物繊維 1.3g 1.8g
ビタミンK 59μg 78μg
葉酸 61μg 78μg
ビタミンC 19mg 41mg
カリウム 220mg 200mg
カルシウム 43mg 43mg
 

このような結果になっています。

 

白菜の方が、キャベツよりも水分含有量は多いですが、
カリウム の含有量は、キャベツよりも多いです。

 

そして、ビタミンCの含有量はキャベツの方が多いですが、
他のビタミンやミネラルでは、そこまで大きな差は
ありません。

 

ですので、お鍋の葉物野菜としてどっちを使おう…と迷うときは、
そこまで栄養成分に大きな差はないですが、
少しだけキャベツの方が、ビタミンやミネラルの含有量は多いです。

 

水分が多い分、白菜の方が カロリーは低く なっています。

 

最終的には個人の好みですね、味は違うので^^

 

ただ、キャベツにはキャベジン という特有の胃腸に良い成分が
含まれているので、鍋を食べながらお酒を飲む場合は、
胃腸のダメージが少なくて済むかもしれません。

 

個人的には鍋といえば、白菜を選択していますw

Sponsored Link

白菜の栄養の効能や効果は?

白菜は95%が水分ですが、ビタミンやミネラルも含まれて
いますよね。

 

白菜の栄養成分の代表は カリウム です。

 

白菜にはカリウムが豊富に含まれえています。

 

カリウムは、体の塩分濃度を調整する働きがあります。
ですので、むくみ が気になる人、そして高血圧 の人も
カリウムの多い白菜はおススメの食材です。

 

ですので、漬物やキムチなど、塩漬けされることが多い
白菜ですが、カリウムが含まれているので
上手にバランスをとっています。
また、キャベツと栄養成分は似ていますが、
キャベツよりも白菜の方が、 カロリー 、そして 糖質
少なめで、糖質制限やダイエットをしている方でも
安心して食べられる食材といえます。

 

多いとはいえませんが、 ビタミンC (レモン果汁の1/2程度)そして
食物繊維を含みます。

biyou_tsurutsuru

ビタミンCは、抗酸化作用がある成分であり、
美肌効果風邪の予防 の効果も期待できます。

 

そして、 食物繊維 といえば、便秘の改善 の効果がありますよね。

 

また、熱にビタミンCですが、
白菜の場合、漬物やキムチで摂取すれば、
加熱によって破壊されるビタミンCも上手に摂取することが
できます。

 

冬の野菜不足を補うためにできた漬物ですが、
ビタミンCも効率よく摂取することができます^^

 

 

まとめ

今回は、白菜の栄養の効果や効能、そしてキャベツと比較した場合の栄養成分
をテーマにまとめてみました。

 

白菜は水分がほとんどですが、ミネラル・ビタミンも含まれています。

 

キャベツと比較してもほとんど栄養成分は変わりませんが、
カロリーや糖質はキャベツよりも低いです。

 

冬が旬の白菜を食べて、むくみも防ぎましょう^^

 

★こちらの記事もどうぞ
白菜のカロリーは?白菜鍋や漬物・白菜スープやキムチではどれくらい?


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ