トマトの栽培において収穫時期やタイミングはどれくらい?いつまでOK?

Sponsored Link


今日は、トマトの栽培における収穫時期やタイミングをテーマにしていきたいと思います^^

 

トマトの収穫時期やタイミングはいつくらいなのでしょうか。

 

そしていつくらいまで収穫することができるのでしょうか。

 

そんなトマトの収穫時期やタイミングについてまとめていきます。

a03_036

 

トマトの収穫時期やタイミングはいつくらい?

トマトは、1年中スーパーで販売されている野菜であり、
サラダなどにも用いられていて、
消費量の多い野菜といえますね^^

 

そんなトマトですが、
家庭菜園でも多く栽培されています。

 

収穫時期やタイミングはいつくらいなのでしょうか。

 

一般にトマトの植え付け時期は、 4月下旬~5月上旬
となっています。

 

東北などの寒い土地でしたら、時期をずらし、
5月中旬~6月中旬 くらいまでが植え付け時期となります。

 

そうすると、収穫できるのは、
7月~8月下旬 の時期です。

 

定植から1か月~1か月半ほどすると、
花が開花するようになります。

 

さらに50~55日程度 で、実がつき、
赤く色づくようになります。

 

ポイントは、へたの近くまで赤くなっているものです。
へたの近くまで赤く色づいたトマトを収穫するようにします。

 

また、トマトの収穫時期は夏ですが、
熟したトマトは、雨に当たると割れてしまうことが
あるので要注意です。

 

そして、熟しすぎても割れてしまいます。

 

トマトの収穫のタイミングは
・花が咲いてから50日程度たっている
・へたの近くまで赤くなって熟している
・へたからはずれやすい
・触ったときに柔らかい
 

まとめるとこのような感じです^^

 

 

トマトを収穫するときは、
基本的にハサミを使用して収穫するようにしますが、
熟したトマトは、へたから取れやすくなっています。

 

ここもトマトを収穫するうえで
見極めるポイントです。

 

また、水のあげ方によっては、
トマトの皮が硬く、実が熟しているのかわかりにくい
トマトもありますが、
基本的に、触ってみて柔らかさで判断することも
できます。

Sponsored Link

トマトはいつまで収穫することができる?

一般に、夏まで栽培し収穫することができます。

tomato

ですので、中間地(関東甲信越、東海、近畿など)では、
収穫の目安は、 8月下旬 までとなっています。

 

逆に、寒冷地は、植え付けの時期が遅いために、
収穫の時期も遅く、 10月上旬 まで
栽培できる場合もあります。

 

そして栽培環境によっては、
11月頃まで栽培できることもあります。

 

追肥や、脇芽とり、防寒対策・雨対策などを
すれば枯れにくい苗となります。

 

都内でも、トマトの収穫を長く楽しむことが
可能です。

 

環境にもよりますが、
いつまでとなると、
11月下旬あたりまでトマトの収穫は可能 です。

 

株の手入れをしてあげて、
長期的に収穫ができるようにしましょう。

 

 

まとめ

今回は、トマトの収穫時期をテーマにまとめてみました。

 

トマトの収穫のタイミングは、
いろいろとあるので、
総合的に判断してみてください^^

 

一般的に、気温があがってくる時期でしたら、
開花から60日もあれば、
実が赤く色づきます。

 

追肥などを忘れずに♪


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ