ミニトマトのカロリーや栄養はどれくらい?ダイエットには効果的?

Sponsored Link

今日は、ミニトマトのカロリーや栄養をテーマにしていきたいと思います^^

 

ミニトマトといえば、通常のトマトより小さく甘味があるため、お弁当のおかず
としても使われていますが、ダイエットには向いているのでしょうか…

 

そんなミニトマトのカロリーや栄養価についてまとめていきます^^

cli_039_xs

 

ミニトマトのカロリーや栄養価はどれくらい?

トマトには、大玉・中玉という種類がありますが、
一般に、20~30g 程度のトマトのことをミニトマト
と呼びます。

 

ミニトマトは、トマトより、サイズが小さく、
そして栄養価が凝縮しています。

 

そんなミニトマトには、カロリーはトマトと比較すると
どれくらいなのでしょうか。

 

ミニトマトの栄養成分は、
食品成分表によると、100gあたり

 
エネルギー: 29kcal
水分:91g
脂質:0.1g
タンパク質:1.1g
炭水化物:7.2g
食物繊維:1.4g
となっています。

 

というわけで、カロリーは、 29kcal と低めです。

 

トマトと比較すると、トマトのカロリーは、19kcalですので、
トマトよりは、少しカロリーが高めです。

 

トマトよりも、ミニトマトの方が、水分含量が少なく、
炭水化物量が多くなっています。

 

そして、糖質 は、ミニトマトの場合、
5.8g
とちょっと野菜の中では高めです。

 

トマトの方が糖質は低くなっています。

 

★こちらの記事もどうぞ
トマトの食物繊維や糖質はどれくらい?糖質制限には向いている?

Sponsored Link

ミニトマトの栄養価は高い!?

ミニトマトは、小粒ですが、その栄養価は、トマトよりも
実は高いのです。

 

ミニトマトとトマトの栄養価を比較すると
ほとんどすべてのビタミン・ミネラルで、
ミニトマトの方が、トマトよりも栄養価が高くなっています。

 

ミニトマトは、βカロテン・ビタミンk・ビタミンB1,B2,B6,葉酸、ビタミンC、
カリウム、カルシウム、マグネシウム

トマトより含量が高くなっています^^

 

リコピンも、トマトより多く含まれています。

 

ミニトマトで注目すべき成分は、βカロテンリコピン です。

 

 

リコピン は、高い抗酸化作用をもつ成分です。
そしてトマトの赤い色の成分です。

 

この抗酸化作用というのは、
生活習慣病の予防や、美肌、そして癌の予防に
役立ちます。

 

新陳代謝を活発にするので、
健康的な肌を手に入れられますし、しみやしわの
予防にも。

 

また、生活習慣病の予防として、血糖値や動脈硬化を
防いでくれる効果があるので、
それらから派生される
糖尿病や高血圧、心筋梗塞などの病気の予防にもなります。

blood

またβカロテンは、体内でビタミンAとして働き、
粘膜を丈夫にし、成長を促進させます。

 

夜盲症の予防、そして風邪の予防などにも
効果があります^^

 

ミニトマトにはビタミンCも多く含まれており、
ミニトマト100g、約4粒を食べることで、
1食に必要なビタミンCを摂取することができます。

 

 

ミニトマトはダイエットには効果的?

ミニトマトは、ダイエットにも向いているのでしょうか…?

 

ミニトマトは、100gあたり29kcalであり、
決して糖質も少なくはないのですが、
ある成分が、ダイエットに効果的とされています。

 

それは【リコピン】 です。

 

リコピンは、高い抗酸化作用をもつ成分ですが、
実は、ダイエットにも効果があるとされています。

 

リコピンを摂取することにより、
血中の 中性脂肪 の量を減らし、
ゆっくりと代謝をあげてダイエットすることができます。

 

そのリコピンの必要量は、
1日あたり 15mg とされています。

 

ミニトマトのリコピン含有量は100gあたり5~8mgとされているので、
ミニトマトで摂取しようとすると、8~10粒 程度は
食べる必要があります。

 

しかし、これくらいの量でしたら
1パックで販売されていますし、
取りやすいですよね★

 

ちなみに、このミニトマトによるダイエット効果は
すぐにでるようなものではないので、
最低3か月程度は実施するようにしましょう^^

 

★トマトジュースもダイエットに最適!
トマトジュースの効能・効果がすごい!ダイエットにも

まとめ

今回は、ミニトマトのカロリーや栄養価についてまとめてみました。

 

ミニトマトは、手軽に摂取することができて、
そして栄養価も高いです^^

 

ダイエットの効果もあるので、
ぜひ摂取したい野菜ですね。

Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ